?

隠しカメラは意外と安く手に入る!自衛の手段としておすすめ

ブラインド越しにカメラを向ける

使用目的によって必要な隠しカメラの機能は違います

超小型カメラ

隠しカメラはどのような使い方をするかによって、必要になる機能が違ってきます。当然、性能の良いもののほうが価格も高くなるので、必要ない機能まで備えた隠しカメラを高いお金を出して購入するのも勿体ないですよね。ですから自分にとってどの機能が必要で不要なのかをしっかり見極めましょう。
例えば子供や高齢者を見守るためには、部屋の一部のみを撮影しても意味がありません。そこで部屋全体が撮影できる広角レンズ対応の隠しカメラが必要になってくるわけです。これは浮気やDVの証拠を撮影する時も同様です。
次に屋外に防犯目的で設置する場合は、夜間撮影可能な赤外線機能や動体検知機能が必要になります。動体検知とは不審者が現れた時のみ撮影を開始する機能です。逆にボイスレコーダー機能はあってもなくても良いです。
そのボイスレコーダーが必要になるのは、ビジネスで使用する場合です。会議や商談のメモ代わりに隠しカメラを使うなら音声を録音できるものを選びましょう。またオフィスに持ち込むなら、ボールペン型やライター型などの携帯できるタイプの隠しカメラが最適です。
まだまだ他にも液晶モニタ付きや遠隔操作対応など様々な機能がありますので、こうした隠しカメラは隠しカメラ専門店で購入してください。

Update Post

2019年05月24日
使用目的によって必要な隠しカメラの機能は違いますを更新しました。
2019年05月24日
身近なトラブルを解決するために隠しカメラが大活躍を更新しました。
2019年05月24日
どの隠しカメラを購入しようか迷ってる方へを更新しました。
2019年05月24日
隠しカメラを使って自分の身を守りましょうを更新しました。